悩める人々

高齢者の方

腹痛を訴える女性

うつ病は、老若男女問わず発症する病気になります。また、年齢も関係ないものです。若い人がうつ病になるきっかけに、受験が挙げられます。受験生は、高校や大学、専門学校などの受験に対してプレッシャーになってしまいます。また、短期間の場合だけではなく長期間プレッシャーがかかることによってうつ病になってしまいやすいといえます。うつ病にならないためにも、試験勉強の間に息抜きをするなど工夫する必要があります。その他にも、受験生は思春期でもあります。思春期になると、異性に恋心を抱くこともあります。しかし、失恋することによって傷つき勉強にも身が入らず成績が低下してしまうでしょう。思った通りに物事が進まず、イライラしてしまいうつ病になるというケースも少なくありません。

年齢を重ねるに連れて、病気は発症しやすいものです。また、筋力の衰えもあるため思ったように自分の身体が動かずイライラすることもあるでしょう。その他にも、高齢者がうつ病になる原因は様々です。定年退職を迎えた高齢者は、自分の趣味に没頭することが良いといえます。しかし、趣味を持たず家に引きこもっているとコミュニケーションをとることも少なくなってしまうでしょう。また、退職することによって環境も変わってきます。環境が変わることでストレスも感じやすく、うつ病を発症しやすいといえます。うつ病にならないためには、趣味を見つける他にも家族や近所の人たちとコミュニケーションをとることで防ぐことが出来ます。また、人と話すことは老化防止にも繋がるため必要といえます。

Copyright(c) 2015 うつ病は医師の診察を受けて、薬の服用と休養で改善をしよう . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com