傾聴する医師

どういった症状か

考えながら話す患者と聞く医師

うつ病になると気分が低下をします。身体がだるいなど精神的にも身体面にも悪影響があります。どのような症状があるのか詳しく知ることで自分はうつ病なのか、多少判断をすることが出来るでしょう。

» 詳細を確認する

改善の進め方

悩み事がある女性

抗うつ薬を服用して、休むことでうつ病を多少緩和へ繋げることが出来るでしょう。また、心理療法も大切です。心と身体を休ませることで、リラックスすることが出来ます。無理をしないでゆっくりと生活をしましょう。

» 詳細を確認する

なにがきっかけで

カウンセリング

うつ病に関する情報をお探しの方はこちらのサイトをチェックしましょう!病気としっかり向き合うことが大切ですよ。

インターネット上で利用することができるうつ病診断があります。チェックして、自分がどうなのかをしっかり確認しましょう。

うつ病になりやすい人の特徴とは

「うつ病」それは、深刻な病です。うつ病になると精神的にも身体的にも苦しくなるでしょう。どうしてうつ病になるのかという原因はまだはっきりとは分かっていませんが、ストレスなどが一番の原因でしょう。脳では神経伝達物質が働いているおかげで、人間は感情をコントロールすることが出来ています。しかし、ストレスが積み重なり大きくなると神経伝達物質が機能をしなくなる為、感情のバランスを整えることが出来なくなりうつ病になってしまいます。また、物事を考えすぎてもうつ病になってしまいます。責任感がある方や何事も完璧にやり遂げたい完璧主義者などはうつ病になりやすい傾向が大きいです。

病気にかかった人への接し方

また、うつ病は男性と女性ではなるきっかけが違うと言われています。男性は家計を支える為、お金を稼がなければなりません。家族を食べさせてく為に頑張りすぎてストレスが溜まります。そして、どんどん追い込まれてうつ病になってしまう方が多いのです。また、近親者の死など大切な人が亡くなった際にうつ病を発症してしまうケースがあります。女性は女性特有の出産や育児などがきっかけでうつ病になってしまうことがあります。慣れない育児を旦那に手伝ってもらうことが出来ず、常に赤ちゃんのことばかり気にかけています。夜泣きなどがひどいと自分も眠ることが出来なくなる為、だんだんとストレスが溜ってきます。また、男性と共通をして近親者の死が原因で起きることもあります。男性も女性も自分を追い詰めすぎず、多少気を抜くことが大事だと言えるでしょう。

うつ病は、現代病として増えつつある病気です。将来的には、16人に1人がかかると言われています。ですから、身近な人がかかってもおかしくない病気と言えます。 具体的にうつ病はどういう症状かというと、強いうつ状態が長く続き、日常生活に支障を来してしまいます。気分がふさぎがちになり、人生を楽しむことができなくなります。 うつ病になりやすい人には、共通の特徴があります。まず、仕事や家事などを最後まできちんとやらないと気が済まない完ぺき主義の人です。このようなタイプは、責任感が強く、ストレスを感じやすいです。ですから、心の病に発展しやすいです。 その他にも、周りに悩みを話せず、1人で抱え込む人もなりやすいです。自分1人で悩むことで、精神的に追い込まれやすいと言えます。

身近な人がうつ病にかかった場合、接し方に注意が必要です。たとえば、うつ病の人に対して、「がんばれ」などの励ましの言葉は絶対に言ってはいけません。また、何とか解決しようとアドバイスをしたり、説教をしたりすることも禁物です。このような行為は、余計に症状を悪化させる可能性があります。 正しい対処方法は、まずうつ病の病状をしっかりと理解することです。うつ病は、患者さんによって症状は異なります。よって、どの程度病状が進行しているかをしっかりと把握することが大切です。 病状を把握してからは、ただ相手の話を黙って聞いてあげて共感の意を示すことが大切です。そうすれば、患者さんは心の負担を軽くすることができます。その結果、症状も快方に向います。

高齢者の方

腹痛を訴える女性

20代や30代など働き盛りの方がうつ病になることが多いですが、高齢者がうつ病になることもあります。高血圧や糖尿病などの疾患、環境が変わることで発症をします。本人がうつ病と気付かないことがあります。

» 詳細を確認する

接し方のポイント

頭を抱える男性

もし、周りにうつ病の方がいた場合は、どのようにして接すると良いのか分からないと言う方が多いでしょう。励ます方がいますが逆に追い打ちをかけてしまうことがあります。患者の側にいてあげましょう。

» 詳細を確認する

Copyright(c) 2015 うつ病は医師の診察を受けて、薬の服用と休養で改善をしよう . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com